ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

ワキガ体験@学生時代

学生時代に強いワキガで悩んだ経験はありませんか?

 

もしくはワキガで嫌な扱いをされている同級生がクラスにひとりくらいは居たのではないでしょうか??

 

インターネットや私自身の体験から、ワキガ体質の子供は以下のような経験をしています。

 

 

■学生時代
・ワキガが原因でクラスでいじめを受けて登校拒否になった。
→かなりあるようです。親にも相談しない場合が多いので注意。

 

・ワキガを自覚し、かといって誰にも相談できず対人恐怖や引っ込み思案になる。
→私も長年引きずりました。

 

・毎年、夏が来るのが恐怖。

 

・Yシャツが黄ばんで、それをクラスメイトから指摘されて初めて気付き、恥ずかしい思いをした。

 

・自分の臭いに麻痺し、中々気づかない。あとで思い返せばワキガが原因だったと思う経験がある。
→私は喋ったこともない女の子によく嫌われ、席を離されました。席替えで”最悪!!”と言われたことさえ有りましたが当時は自分の性格のせいだと勘違いしていました。

 

・差別の対象となる。
→楽しい集まりには呼ばれません。冷酷なティーンエイジャーは臭いを100%本人の責任だと思い、悪であるとみなします…

 

 

 

以上のような経験に心当たりはありませんか?

 

ワキガ体質を自覚されている方は自分に当てはめて考える事ができることかと思います。

 

なお、ワキガ体質の原因となるアポクリン汗腺の成長は第二次成長期まで増加します。

 

ですから、お子さんのワキガ治療としてミラドライなどを考えるようであれば第二次成長期以降が望ましいとされています。

 

(男の子であれば18歳前後〜、女の子であれば16歳前後〜と言われています。)

 

加えて、近年ではワキガ体質が現れるのが低年齢化しているようです。

 

発育が早くなった、食生活が欧米化した…などと原因は推定されています。

 

個人的には、大切な学生時代にワキガで損を被ることは非常に勿体ない!

 

自身の経験からも、イジメとまではいかなくても差別の対象となってしまうことは免れないと思います。

 

グループから避けられたり、異性と付き合うことに支障が出ることもあるでしょう。

 

ああーーー!!!ワキガ対策をしておけばなあ…なんて思ったことが何度もあります。

 

後の祭りです。私の青春はいい思い出とは言えません。勿論ワキガだけが原因ではないと思いますが。(^_^;)

 

もしこの記事を読んだ学生・親の方はミラドライの治療までとはいかなくても、
せめてワキガ対策をして素晴らしい青春時代を過ごして下さい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク