ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

ワキガ用語〜チチガ(乳輪ワキガ)〜

チチガ(乳輪ワキガ)とは乳首、およびその周辺におけるワキガです。

 

ワキガは体質であり、アポクリン腺という汗腺が多いことがワキガ体質であるということです。

 

他の記事でも再三述べていますが、耳・乳首・陰部(性器)・腋(わき)。これらの周辺に偏在するのです。

 

重度のチチガで悩む方はTシャツの乳首の部分が黄ばんでしまうということもあるようです。

 

チチガで悩みやすいのは女性に多いようです。

 

ブラジャーを付けるので、蒸れたり臭いがこもってしまうことが臭いを強くさせ、頭を悩ませる原因でしょう。

 

彼氏や旦那さんに臭いと思われたくない、思われているかもしれないと悩みを抱える方が多いようですね。

 

下世話な話ですが、周囲でそんな話(〜の女の〜が臭かった。)を聞いたことがあるのも事実です。

 

では、そんなチチガはどうやって対策するのが良いのでしょうか?

 

@ミョウバン水
ワキガに唯一と言っていいほど効果を発揮するミョウバン。これを水に溶かして、お風呂あがりに気になる身体の部分に塗るのです。また、これをお風呂に入れることや洗濯のすすぎの際に入れることも有効です。

 

ミョウバン水の作り方はリンク先の記事を参照。

 

また、市販のデオナチュレ(クリスタルストーンなど)の製品もミョウバンの制汗剤ですのでこちらを塗ることでも防臭効果はあるでしょう。ただし、舐めるとちょっと変な味が付いているという経験もありますのでご留意を。

 

A体質改善
リンク先の記事で紹介していますが、動物性タンパクを控え、ワキガの原因となるアポクリン腺の働きを強めないような食生活をすると臭いは薄れます。私自身食生活でワキガ臭の増減を経験しています。侮らず、思い立った今からでも肉類や動物性タンパクを控え、海藻類やきのこ、梅干しを食べましょう。

 

B電気凝固法
これは医院での治療になりますが、ワキガの治療にはメスを入れる剪除法をはじめ、私自身が経験している電磁波治療のミラドライなどもあります。これらはアポクリン腺を除去するもので、医院によってはチチガ向けに対応させているところもあるようです。しかし、チチガ(乳輪ワキガ)やスソガ(すそワキガ)の場合はアポクリン腺が腋(わき)より発達していないという特性があり、電気凝固法という美容外科発症の脱毛法を応用させたもの(針を差し電流を流してアポクリン腺を熱凝固させる)が有効とされています。この方法、腋(わき)に対してはオススメできませんがチチガやスソガには相性が良いようです。効果が十分であるという点と、傷跡の残らなさや痛みのなさと言った点が理由でしょう。

 

ミョウバンを駆使すればかなり抑えられると思いますが、どうしても気になる、抜本的な解決がしたい!という方は電気凝固法の治療を考えるといいかもしれません。

 

(2014年12月26日追記)
電気凝固法が有効なこととつながっていると言えますが、「脱毛」もある程度の対策となるようです。自分で行う場合はカミソリで乳首を切り落としたりしないように注意しましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク