ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

汗の用語〜自臭症(自臭恐怖症)〜)

自臭症とは”周囲から臭いと思われていると思い込む精神疾患”のことです。

 

嗅覚における一種の幻覚であるとされています。

 

自分の臭いには鈍感なもので、普通の場合は逆に周囲が指摘しにくいような状況が多いものです。

 

この病気は強迫神経症の一種とされ、うつ病や醜形恐怖症を併発することもあるものなので要注意です。

 

この”自臭症”について分析していきます。もしワキガであると思いこんで悩んでいる方は一度自己分析を行いましょう。ワキガのセルフチェック

 

ワキガではなく自臭症である場合、ミラドライ等のワキガ治療ではなく精神科や心療内科、自らの意識で治していくことになります。

 

■特徴

 

<症状>
自分の臭いを過大に捉えてしまう。実際はそれほど臭わないのに、他人にとって迷惑になるくらい臭いと思い込んでしまう。その結果として具体的に下記のような行動・思考をとってしまいます。

 

・自分の臭いのことが頭から離れなくなってしまう。
・他人が鼻を覆ったり窓を開けたりする行為を、自分の臭いのせいだと思い込んでしまう。
・対人を避けるようになる。重度になると電車などの乗り物に乗れなくなったり、通勤通学等の社会生活が困難に。
・デオドランドの過剰使用、下着を何回も変えるなどの強迫的行為を取る。

 

■原因

 

<なりやすい性格>
几帳面で清潔、完璧主義など神経質な一面がある方

 

日本人に多い、繊細で人の目や意見を気にするようなタイプの方がなりやすいと言われています。

 

<体験・環境>
他人に口臭や汗臭さを指摘された経験がトリガーとなって、それ以降、過剰に意識してしまうことで発症することがあるとも言われています。(※)

 

※私は自臭症ではなく、本当に臭いと周囲から指摘を受けました。(泣)

 

しかも、足の臭いを指摘されてからは更に発汗に拍車がかかり、靴が汗でダメになってしまった経験があります。

 

様々な対策を講じ、ワキガに関してはミラドライの治療を受けることですべて克服しました。

 

■治療方法

 

<認知療法>
自身の臭いが他人に迷惑をかけていないと自覚することです。

 

実際の臭いと自分が思い込んでいる臭いとの違いを修正します。

 

医師によって科学的に証明してもらったり、親しい人間に聞く、同じ自臭症の方同士で相談するなどの方法があります。

 

<薬物療法>
強迫的な行為が強い場合、脳内のセロトニンを調整するSSRIと言った薬が必要になることがあります。

 

また、同様に自臭症によって社会生活に支障をきたしている場合などは抗鬱剤を処方されることもあるでしょう。

 

■その他

 

本人・身近な方へ

 

こういった心の問題に関しては、放置すればするほど症状が深刻化する場合があります。

 

身近に悩んでいる方がいらっしゃるなら精神科や心療内科の受診を勧めましょう。

 

日本では受診をためらう方も多いようですが、アメリカなどではすぐカウンセリングや順番に悩みを吐露するサークルに行きますよ。よく海外ドラマで見ませんか?

 

早まってミラドライや剪除法などの治療に乗り出す前に、自分の臭いが実際にどの程度であるか、自覚することが重要です。

 

完璧主義な方は、一度気にしだすと他人の意見も素直に聞けずに考えこんでしまう傾向があるようです。他人の意見や医者の診断より自分の分析の方が完璧だと思いますか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク