ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

汗の用語〜アポクリン腺とエクリン腺〜 ワキガはアポクリン腺

汗を出す汗腺には2種類あります。

 

アポクリン腺エクリン腺です。

 

前者の”アポクリン腺”はいわゆる「アルカリ性」の発汗をする汗腺であり、脇や耳、性器の周辺に存在し、「臭いを発するための器官」と言えます。

 

こちらが多く、働きが活発であると”ワキガ”の原因となるのです。

 

乾きにくく、ベタベタであることが特徴で、皮膚上の細菌が繁殖しやすい環境が嫌な臭いを発するのです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   
後者の”エクリン腺”は「酸性」の発汗をする汗腺であり、ほぼ全身に点在し、「主に体温を調節する器官」と言えます。量が多い場合には細菌の繁殖に繋がり、臭いを発しますが”ワキガ”の臭いとは一線を画しています。

 

「精神性発汗」や「温熱性発汗」、「味覚性発汗」といった生理的な汗ですので、多汗症で悩んでいる方はこのエクリン腺の働きが活発であるということになります。

 

 

ワキガで悩む方は”アポクリン腺”、多汗症で悩む方は”エクリン腺”が原因であることが多いのです。

 

それでは、一体それぞれにどのような対策が必要なのでしょうか。

 

その点については、次の記事で具体的にお話します。

スポンサードリンク