ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

スーツに付いたワキガの臭い対策

ワキガ体質でお悩みの方は臭い自体はもちろん、衣類の扱いにも苦労されますよね?

 

肌着やYシャツの臭いは洗えば落ちますし、黄ばみもあまりに気になるようであれば思い切って捨てて新しいものを使うことが可能です。

 

問題は上着です。特にスーツ。

 

スーツは普通2〜4着ほどを着回す方が多いはずです。

 

高価で代えもききにくいため、臭いが付いていることが分かりながらもイヤイヤ着ている方は世の中に少なからずいるはずです。

 

経過日記の方に書いていましたが、私も最近悩んでいました。5月に受けたミラドライの治療でワキガ体質はかなり改善されたのですが、スーツに染み付いた臭いは消えていませんでした。クリーニングに出してもドライクリーニングではワキガ臭の消臭は出来ません。

 

私がここ数ヶ月で調べ、試した中で有効だった方法を紹介していきたいと思います。

 

■予防策

 

・基本として、数着(3着以上推奨)を用意し連続で着ないことです。帰ったらすぐにしまわず干しましょう。
・イオンクリア、イオンダッシュといった衣類用防臭(抗菌)スプレーを利用する。

 

■消臭対策

 

”クリーニング屋さんに水洗いが可能か確認し、可能なら水洗いのクリーニングをする”
”ポリエステルの割合が高いものは変形の恐れが少ないため受け入れてくれる(私のお願いした店は50%以上なら安全という基準)”

 

これは実体験に基づく貴重な情報だと自負しています。注意して欲しいのは、

 

ドライクリーニングではワキガの臭いは取れません!!ということです。

 

クリーニング屋さんに問い合わせて、”わきの油っぽい臭いを取るクリーニングはお願いできますか?”と勇気を出して問い合わせることが解決策です。

 

■その他

 

よく、「ワキガはうつる」なんていう心ない噂で苦しんでいる方(主に子供ですかね。)がいるようですが、ワキガ体質が生まれつき、遺伝性のものなので他人にうつることはありません。

 

しかし、他人のスーツや上着を借りた際にガッツリ汗をかき、万が一ワキガ臭が染み付いてしまった場合、その服には臭いを移してしまったことになります。借りた自分も貸してくれた方も嫌な思いをするので注意しましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク