ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

足の臭いを消す方法(基本)

ワキガミラドライとは直接関係ありませんが、多くの方の悩みとなっている”足の臭い”について対策を紹介したいと思います。

 

まずは前編、”基本”として日常生活の中で意識したいことを取り上げます。

 

■体験

 

私はそもそも足の臭いに苦しんだ経験は少なかったのですが、

 

会社の研修で1ヶ月間毎日同じ靴をは履くという環境の中におかれた際、足の雑菌が繁殖してしまったのか、いつからか足からいや〜な臭いを発するようになってしまいました。研修が終わってからも足の臭いは悪いまま。居酒屋の座敷席で人に指摘されてからは更に発汗に拍車がかかってしまい、蒸れて靴がダメになってしまうこともありました。会社の昼休みに一人外に出て、日光消毒を試みるという悲しい経験もしました。

 

■原因

 

もちろん靴に繁殖した雑菌の問題なのですが、靴だけの問題ではなく足自体にも雑菌が住みつき、繁殖しているということが臭いの原因です。更にその雑菌・臭いは普通の石鹸等で洗っても取れない場合があるということを知らないと問題は解決しません。(私もお風呂で洗ってその日は消臭できたと思っていました。)

 

足の臭いの原因はエクリン腺による発汗、ワキガの臭いはアポクリン腺による発汗ということが言えます。

 

両者の違いについては汗の用語〜アポクリン腺とエクリン腺〜を読んで下さい。

 

ご存じの方も多いと思いますが、足の裏には身体の他の部分よりも圧倒的に多い汗腺が存在します。

 

(足の裏は1日にコップ1杯分の汗をかく、なんて言われますね。)

 

この大量の汗が雑菌を繁殖させる温床となっているのです。

 

(雑菌が有機物を分解し悪臭を発生させるというメカニズムとなっています。)

 

 

■対策(基本)

 

では本題、具体的にどのような行動が足の臭いの対策になるか説明していきます。

 

@靴は少なくとも2,3足を回して履く(毎日同じ靴を履かない)

 

同じ靴を履いていると雑菌は喜んで増え続けます。高温多湿は雑菌にとって楽園なのです。毎日同じ靴を履いていると発汗による湿気が乾く隙がないのです。

 

そして、玄関には脱臭炭など、消臭効果と乾燥効果のあるものを置いておくと望ましいです。更に、週末には風通しの良い場所で陰干しして乾燥させましょう。

 

Aオフィスではサンダルを履く

 

乾燥させることが雑菌を繁殖させないポイントですので、オフィスの自席にはサンダルを用意して靴を乾燥させるとともに、足自体も乾燥させましょう。

 

また、デスクの下に消臭剤、脱臭炭などを置くのもオススメです。整理してさり気なく置いてあれば清潔なイメージアップにもなりますよ。

 

B臭い対策となる履物・グッズを活用
・吸湿性の高い靴下
・通気性に優れた靴
・5本指ソックス
上記を基本とし、他にも薬局では足の防臭スプレーやジェル、パウダーや靴用の乾燥剤が販売されていますので積極的に活用してみましょう。

 

C食生活の改善
私自身の体験からすると、これは長期的な対策に見えて意外に早く効果を発揮します。

 

足の臭いに限らず、動物性たんぱくや脂肪を抑えて野菜、梅、海藻、きのこなどを食べるようになると体臭予防に効いてきます。食べたものが身体を作っているのです。ですから、体臭を気にするのであれば食生活に気を遣うことは何よりも大切なことかもしれませんね。体臭にいい食べ物、悪い食べ物はこちらの記事で紹介しています。

 

 

本日は足の臭いに関する基本的な対策、日常生活で意識するべき所を紹介しました。

 

次はそんなんじゃ無理!もう手に負えないんだ…という一時期の私のような方向けに、直接的な消臭対策方法を紹介します。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク