ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

足の臭いを消す方法(消臭)

では、前回に続いて足の臭いを消す方法を紹介致します。

 

今回は本格的に、”消臭”するような方法を取り上げます。

 

水虫なんかは顕著ですが、足の雑菌が繁殖するとボディーソープで洗っても臭いが落ちないのです!

 

このような体験は私にとって20歳を超えてから初めてのことであったので、びっくりでした…(;_;)

 

重度の臭いがある方は、基本編で紹介したグッズやノウハウを行う前に雑菌を消し去ることが重要なのです!!(むしろこちらを先に紹介するべきだったかもしれません。)

 

■まず足の指の間を丁寧に洗う

 

手の指を使って足の指の間まで入念に洗いましょう。固形石鹸や(あれば)足専用のシャンプーを使って洗いましょう。ユニットバスの方などは座って身体を洗うことができず、足の洗いが大雑把になりがちです。かく言う私がまさに足洗いを軽く済ませてしまう口でしたので常在菌が生き延びてしまったようですね。

 

■重曹を使った足湯

 

ミラドライ

 

足を洗っても臭いが消えない方!

 

完全に消える方法があります。

 

重曹を使って足湯をするのです。

 

@40℃程のお湯を洗面器に用意する
A大さじ2,3杯の重曹を溶かす
B足湯をする。10分〜20分つけましょう。
※付ける時間が長いと足がふやけた気がしますが大した問題では無いでしょう。

 

重曹とは”炭酸水素ナトリウム”のことで、二酸化炭素を出すこと、弱アルカリ性、油分解するという特質を持つことからベーキングパウダーなど食材関係に用いられたり、掃除で活躍したりと、何かと役立つ万能アイテムです。
家に無い方は薬局で購入して持っておくと色々便利ですよ。

 

※ちなみに重曹の代わりに”酢”を使う方法も有効なようです。私は実践したことはありませんが殺菌効果が期待できるとか。酢の場合はコップ一杯分くらいの酢を加えましょう。

 

■ミョウバンスプレー

 

風呂あがりにミョウバン水を希釈して作ったミョウバンスプレーを足に吹きかけて

 

ドライヤーで乾かしましょう。これは最近私が実践しているもので、簡単に・短時間なのでオススメです。

 

ミョウバン水の活用という別記事で作り方を紹介しています。

 

■まとめ

 

これらの方法を実践することで確実に足の臭いが除去できるはずです。

 

(足を洗った後に重曹・酢・ミョウバンのいずれかで完全消臭)

 

そして、足の臭いを消す方法(基本)で紹介したような日常生活における対策を意識することで足の臭いに関する悩みは解決するはずです。

 

私自身がそうやって克服しました。重い腰を上げて実践すれば必ずや足の臭いから開放されることでしょう。

 

 

蛇足ですが、ワキガやすそワキガはアポクリン汗腺というアルカリ性の汗が問題となります。このアポクリン腺は足の裏には分布していないため、ワキガのチェックで足の臭いが挙げられているのは少々疑問に感じるところであります。汗の量が多いと雑菌の温床になりうると言う意味では参考になるのでしょうか。基本的には足の臭いとワキガは別問題であると考えて問題ないです。ワキガに悩む方は抜本的な解決は難しく、当サイトのメインコンテンツであるミラドライなどの治療も視野に入れたほうがいいでしょう。

 

自分の臭いに過度に敏感になると精神的な発汗が促されてしまいますのでご注意ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク