ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

チチガのセルフチェック

チチガ

 

ワキガ体質の方は脇のみならず、耳の中(後ろ)や乳輪周り、陰部や肛門周辺にも同様にアポクリン腺が多いことが特徴です。(アポクリン腺とはワキガ体質の原因となる、アルカリ性の汗を出す汗腺です。詳細は別の記事で紹介しております。)

 

ワキガ体質(アポクリン腺が多い人)の方は、脇はかなり臭いの気になる部分なので自覚されて悩んでいることかと思います。

 

脇の臭いが気になるということは、人により差はあるでしょうが乳首周りのワキガ、通称「チチガ」と言われる臭いも発していることが多いのです。なお、妊娠や出産によるホルモンの変化で臭いが発生するような体質に変化することもあるようです。女性の方でもこのバスト周りの臭いには無関心である場合が多いと聞きます。同様に性器周辺のワキガ臭を通称「すそワキガ」と言うのですがこちらよりチチガの方が見逃しがちであるようです。

 

理由はズバリ実生活や性生活を通して他人・自分が実感する機会の差にあるでしょう。

 

非常に前置きが長くなってしまいしたが、ここではその「チチガ」の診断方法についてご紹介したいと思います。

 

<チチガのセルフチェック>

 

チチガ

 

・女性の場合

 

胸とブラジャーの間に折り畳んだティッシュやガーゼもしくはコットンなどを挟んで一日を過ごします。チチガの方は臭いが染み付くはずです。それをもって自覚しましょう。また、日常的に肌着の乳首周辺部分やブラジャーが黄色くなる場合もチチガであると言われています。そして、あえてハッキリ言いますが、異性に舐めた時の率直な感想を求めると良いかもしれません。非常に難しくナイーブな問題ですが。というかそれが嫌だから気にしていることが多いのでしょうが…。

 

・男性の場合

 

男性の場合は、肌着が黄色くなることで判断できます。私は重度のワキガでしたが、チチガに関心を寄せたことも悩んだこともありませんね。使用する機会が無いのかもしれませんが…。

 

<チチガ対策>

 

当サイトの別記事で紹介しておりますが、リンクはこちら
再度ここで簡単に説明すると、日常的には「ミョウバン水」による対策や、動物性脂肪を避ける食生活などのストイックな「体質改善」、根本対策としては「電気凝固法」が有力な治療法とされています。また、どうしても喫緊で悩んでいる方は脱毛をすると少しマシになるでしょう。

 

 

ワキガ症状の乳首周りでの臭い、チチガについて簡単にご説明いたしました。

 

これはミラドライや剪除法など、脇の手術・治療を行った場合でも、アポクリン腺の点在が「脇は脇、乳首周りは乳首周り」であることから、ワキガ問題を治療で回復した後に改めて悩みにあがることも多いようです。

 

私もミラドライの治療を受けた前後はそんな用語すら知らなかったです。人生には常に悩みがつきものであるということですね。チチガを克服したら今度は耳の後ろの臭いが気になってくるかもしれませんね。ひとつずつ打ち倒していきましょう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク