ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

ミラドライ術後の経過@ 数日間の様子と過ごし方

ミラドライの施術当日は前回の記事でお話したように、”眠りにつけないほど意外に痛い”といった感じでした。

 

さて、ようやく眠りにつき、目を覚ました翌日はどうだったのでしょうか。

 

痛みはかなり和らいでいます。とは言っても人と会って自然体でいられるレベルではない。といったところでした。

 

炎症や感染症が怖いので、シャワーを浴びたあとには頂いた軟膏を丁寧に塗ります。そしてGW最後の休日であったため、また脇を冷やしながらテレビを観る一日を過ごします。翌日からは会社なので安静に過ごします。

 

 

そして翌日。”痛みはほとんど無く、脇の腫れ(むくみ?)が気になる”くらいです。「この違和感はいつなくなるのだろう?」というのが不安なくらいで、日常生活に戻ることができました。ミラドライのダウンタイム(日常生活に復帰できるための時間)が少ないというのは本当のようです!

 

無事、会社に出社し、もちろん他人に気づかれるようなことは一切なく一日を過ごすことが出来ました。

 

スポーツや力仕事はまだ無理かなー。なにせ脇が腫れていて一種の麻痺感があるためです。

 

肝心の効果ですが、私はいつもミョウバンのクリスタルストーンを塗ってから家を出るのですがそれはしません。(患部はヤケド?みたいな見た目であったのと、抗生物質入の軟膏を塗るため実質できませんでした。)

 

”汗は全くかかない”、”夜になっても全くなんの臭いもしない”という安心の結果でした。

 

(流石にしょっぱなから復活していたら怒りますが…)

 

帰宅後は、念のため痛み止めの服用と軟膏は忘れずに塗布して就寝します。(痛みに唸ることもなく…)

 

 

さて、次回以降は何かしら変化が起こったことを中心に、経過報告をしまていきます。

 

まとめ
痛みは翌日以降急速に和らぐので、会社や学校は休まなくてOK
患部は腫れていて、麻痺したような感覚がつづく
ミラドライ施術後数週間は患部に跡がのこる。(毛も生えてこない)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク