ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

ワキガが治ると人生は変わるか?ミラドライ後316日経過

お久しぶりの更新となります。ミラドライの治療を受けてから、早316日が経過しました。思えば、まだ1年も経っていないんだなあという気持ちです。

 

1ヶ月くらい放置しておりましたが、最近は花粉症に苛まれ…目が痒くて仕事に行きたくないです。

 

ちなみに目が痒くなくても仕事に行きたくないです。

 

ワキガのことはもはや薄れてしまいそうです。

 

そのくらいに、腋からの臭いはしません。

 

もしかして、花粉症のためにマスクをしているから臭わないだけ…?

 

いえ、ワキガ臭がそんな半端なものではないことはワキガーマンの方なら分かってくれるはずです。

 

さて、今日はこんな夜中ですが(だからこそ)

 

「ミラドライによってワキガが治ったとして人は幸せになれるのか」ということについて

 

私を例にとって考えてみます。

 

 

青春時代、人を好きになった時に私は思いました。

 

「この思いが叶ったら絶対に幸せなのに…!ちくしょう!」

 

似たような思いは誰しもが抱くのではないでしょうか?

 

私はワキガの克服に関しても去年、丁度1年前くらいにそれほど思いつめていました。

 

仕事で大きなプロジェクトに区切りがつき、その祝いの飲み会の幹事を急遽任された私。

 

仕事のプレッシャーも今よりとても大きかったため、その日も嫌な汗をかいていました。

 

案の定、その日の夜の飲み会では異臭を放ち、トイレで脇を拭いていました。

 

二次会に誘われなかったのもそのせいでは無いかと、若干被害妄想的になりながら帰路につきました。

 

「これ以上は無理だ。気にすることで悪循環に拍車がかかっている。
「このままでは精神までやられてしまう」
「もうどうにでもなれ!ミラドライで駄目なら他の方法だ。」

 

最後は半ば投げやりな気持ちで、全財産の8割に当たる35万円を使ってミラドライの治療に踏み切りました。もともと調べたことはあって名前は知っていたのですが、ネット上の評判から実際の効果について確信がもてなかったため、投げやりな感じがあったのです。

 

結果は当サイトで再三述べていますが
「ほぼワキガ臭が消滅した。極度の緊張状態で汗を書き続ける場合のみ若干嫌な臭いはする。」という状態となり、問題は解決しました。

 

私の場合は確実に効果が得られましたし、35万円以上の価値はある治療法だと思っています。

 

これも何回も言っていますが、ミラドライの治療で悩みから解放されるはずであるワキガーマンのためです。

 

私は回し者ではありません。(文章を書くのが好きなこともあり、続けています。)

 

…先に述べた本筋の方に戻ります。

 

果たして私はワキガから解放されて幸せになれたのでしょうか?

 

答えは「否」です。

 

悩みからは解放されましたが、新たな欲や苦しみを見つけてしまうのです。

 

私の場合はお酒が大好きですので、臭いを気にして飲み会を切り上げることが無くなりました。

 

毎週のように朝まで飲んでしまい、このままではアルコール中毒になってしまいそうです。

 

また、会社の上司との関係がワキガ臭と共に改善…する訳はなく、

 

人間関係は相も変わらず苦痛の連続です。

 

そんなこと当たり前じゃねえか!と思うかもしれない話ですよね。

 

人生は苦難の連続、結婚は墓場。仕事の重圧は年々と増していく…。

 

しかし、ワキガを思い切って直さなければ今より辛い状況であったことは容易に想像できます。もしかしたら会社を辞めて実家に引き篭もっていたかもしれません。

 

お酒の席で久しぶりに旧友と再会することも無かったかもしれません。

 

ポジティブな展開にすると、「ワキガなんかで悩んでいるステージから脱却しましょう」

 

こう言うことが出来るでしょうか。少なくとも臭いからもたらされる周囲の嫌悪感や、自分の自信が無くなるという弊害は取り除けます。

 

この壁がある限り、幸せからは程遠いのではないでしょうか。

 

直接の幸せは自分で掴むものですが、ワキガなんかに邪魔されていては勿体なくないですか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク