ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

ミラドライ施術経過 230日 X-MENと臭い

ミラドライ治療から230日も経過しました。真冬の今週も、ワキガに悩まされることは一切ありません。

 

冬では最早、クリスタルストーン(ミョウバンを使ったデオドランド)を付けないでも全然臭いがありませんね。

 

突然ですが、私は映画のX−MENシリーズのファンです。

 

昔映画館で新作を鑑賞した際、後ろの席の人が足を伸ばして近くの座席の上に足を乗せていたんですよ。

 

本編は素晴らしかったのですが、映画の上映中ずっと足が臭くてそちらのほうが印象的だったんです。

 

出来事として。

 

「わざわざ臭い足を伸ばすなんてどんな神経しているんだろう」と。

 

ちなみにX−MENとは遺伝子に突然変異を持つ人間達の総称で、彼らはいわゆるミュータントとしてそれぞれが超能力を備えているんです。メインキャラで言うと、人の考えが読める能力や金属を自在に操る能力、自分の姿形を自在に変化する能力…。人類を破滅させようとするX-MENもいれば調和を図ろうとするX−MENもいます。おそらく人種問題や不寛容というテーマが背景にあるX−MENシリーズ。思えばこういうミュータントシリーズに惹き込まれるのは、自分がワキガをはじめとした色々なことで社会から差別されていたことにあるのではないかと近年思うのです。差別や不平に対する怒りを代弁してくれていると感じたのかもしれません。かなり大袈裟な話ですが。

 

 

そして、そんな私もアポクリン腺を多く持つX−MENとして生まれてきたのに、それはそれ、これはこれで他人の臭いに不満を持ち、心の内側では差別を行っているわけです。足が臭くなければ良かったという話では無いのかもしれませんが。

 

結局社会で不利なものは悪いものとして刷り込まれ、迫害される運命にあると思います。ですからこそ、治せるものは治すべき。と改めて思いました。

 

ミラドライの治療は35万程かかってかなり高額ですが、私は既に230日でその料金分は救われたと言っても過言ではないです。

 

沢山残業したのでミラドライの治療費も捻出できたのですが…。

 

現状の仕事関連の問題で疲弊している私。もしミラドライの治療を受けていなかったら、ワキガストレスも相まってストレスでダウンしていたかもしれません。今でもダウンしそうですが…。

スポンサードリンク