ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

ミラドライ施術後の経過4年弱が過ぎて-GWのススメ-

当HPでは散々書いたと思いますが、ミラドライの施術後、ある程度の痛みと腫れが発生します。

 

私の場合は翌日は一日中痛くて呻きながら横たわっていました(強い日焼けみたいな痛みです)。

 

また、腫れと異物感のようなものが数日間続くため、数日間は動きづらかったことを記憶しています。

 

偶然にも、連休前にミラドライの施術だったため、術後数日は家でこそこそ過ごしていました。

 

勿体無いと思うかも知れませんが、痛いまま無理して飲み会やスポーツ(無理)に繰り出すのは得策ではないかと思います。

 

本日は4月ですが、丁度今ならまだ5月の連休中の予約が取れるかも知れません。

 

ふとそんな考えが頭を過り、久しぶりに投稿してみるという気持ちになりました。

 

ちなみに、4年弱が経過してですが…、相変わらずミラドライによる恩恵を受けています。ワキガだった頃がなつかしいです。

 

また、最近思ったのは、ワキガであると「あいつワキガなんだよな」となりますが、数年も経てば(もしかしたらワンシーズンでも)そのキャラが忘れられている気がします。

 

ワキガマンの時は、夏の何気ないタイミングで心無い扱いを受けたりして、若いうちは心を痛めるものです。

 

しかし、身の回りの人にとっては記憶は常に書き換えられるもの。

 

私の周りではそんな話題を挙げる人はいません(そもそも対面で言いにくいとは思いますが)。そもそもワキガに対しても不快感や嫌悪感だけではなく、親切心もあって指摘してくれている人も意外と多いのではないでしょうか。

 

とにかく、引き篭もったり、死を考える前にミラドライでワキをバーニングすることをオススメします。新しい私デビュー出来ると思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 

スポンサードリンク