ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

ミラドライ施術後の経過 3年半が経過して

ワキガに悩み、ミラドライの治療を2014年5月に受けてから早3年半が経過しております。

 

ワキガの状況を申し上げますと、術後から変わらず、悩みからは解放されています。

 

ちなみに今は冬ですが、ワキガの方は冬でも変わらない、むしろ寒暖差で電車で汗をかいたりして余計に悩むこともあることかと存じます。

 

春先や夏になるとこのサイトのアクセスも増え、病院の予約も埋まることが多くなっていると思います。この季節は逆にチャンスかもしれませんね。年末等は連休もあるので、施術後のクールダウンにもってこいですし。

 

 

さて、治療後、私は転職をしていることもあり、ワキガに悩んでいた頃とは大分色々な状況が変わっています。

 

そこで今回はワキガに悩んでいた頃と今の私の生活の違いから、、ワキガの改善によって何が変わりうるかを考えてみたいと思います。

 

※勿論、ワキガ・ミラドライによってもたらされた変化とは限らないですが、単なるエッセイとして捉えてください。

 

■清潔だね、と言われることが多くなった
ワキガに長く悩んでいた頃から、それ以外の部分には気をつけていました。

 

当たり前かもしれませんが、鼻毛処理や爪切り、服のサイズやよれよれでないことと言った点です。

 

最近では清潔感だけはあると言われることがあり、以前はなかったことから、ワキガを持つ人は清潔とは形容しにくいことがわかりますね。

 

皮肉ですもんね・・・。

 

■自信を持った行動が出来ている
これは職業が人と接するものに変わったことから必然の部分もありますが、ワキガの状態ではそもそも今の職業に転職できていないですね。

 

現在では、社内で勉強会とか開いたり、研修の時にプレゼンテーションを率先して行ったりしています。精神的に前向きになり、吃ることも無くなりました。また、余談ですが、転職により年収は150万円くらい上がりました。

 

■とりあえずアクティブになっている
色々なことに手を出し、本当に時間語りなさすぎて困っています。読書会に参加したり、新しくスポーツを始めたり、新卒後の上司が見たら驚くほどアクティブな人間になっています。これは私がアラサーになり、人生の充実を考えて行動しているという所ですが、ワキガの状態ではアクティブになることは難しいです。

 

簡単に思いつくものでこのような感じとなります。かなり強引にミラドライを推進しますが、心からワキガ治療をしてよかったと感じます。改めて。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク