ミラドライの体験と徹底ワキガ対策

スポンサードリンク

カウンセリングを受けて〜割と現実的な話をきかせてもらう〜

仕事上のストレスによる精神的な発汗も相まって、自身の臭いに対するコンプレックスは限界に高まってきました。とはいっても、思いのほか高額な治療に踏み切れない私は2014年4月5日、まずは無料のカウンセリングを受けることにしました。

 

実際に突っ込んだ質問をしたり、雰囲気を感じ取ったうえで、施術をするか(施術方法も含めて)決めようと考えたのです。

 

私が申し込んだのは「ミラドライワキガ多汗症の医師団」という機関に属する医院のひとつです。

 

実際に入ると女性スタッフと女性のお客さんしかいないため、かなり面食らいました…。

 

カーテンで仕切られた奥の空間に通されると、簡単なパッチテスト(皮膚のテスト)を行うとのことです。

 

綿のようなものを両脇に挟んで数分放置、結果が出たのか今度は診察室のようなところに案内されます。

 

皮膚試験の結果は「結構強い方」とのことです。そして、実際に説明を受けることになるのですが、ネットでのネガティブな評判等も頭に入れていた私にとって、”割と現実的”な内容でありました。

 

具体的な内容はホームページで書かれていることと大差がないのですが、一応紹介します。

 

「100%→0%ではない 汗や臭いが”人並み”になる」ここをまず説明してくださいました。
「腫れ・内出血は3日〜1・2週間ほどで消失」
「むくみは1ヶ月前後で消失」
「しびれは1〜6ヶ月前後から希に1年」
「入浴は3日間程×」
「運動は1週間ほど×」
ほかには、術中のしびれやツッパリ感が1ヶ月前後、ストレッチについてのものです。
また、任意で”1週間後の検診”が受けられるということです。
これは術後に思わぬ感染症や、痛みが強かった場合を想定してのことでしょう。

 

私の当時の感想は
”人並み”が怪しい。効果がなかった時の言い訳では?

 

なお現在の感想は
”人並み”は正しい。私にとっては、ワキガらしい臭いは3ヶ月弱経った今でもありません。
■上記の問診内容については、全て説明通りだった(しびれは早めにひいたくらいです)。
ただ、運動や入浴については”避けたほうがいい”ではなく”無理である”というところです。これについては後述します。

 

 

ひとつひとつ問診していくと、現実生活(会社での仕事等)を見据えて色々と気づくことがありますので、是非一回クリニックを訪れてみることをオススメします。また、受付の方が誠意のある感じで、「夏前は混むし、春の今のうちに受けたほうが良い。」「高価な治療なのでちゃんと自分で考えてください」と言ってくださいました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク